ネット広告の世界

ネット広告に関係ありそうなテーマなら何でも

(第59回) DAC、自動販売機にLINE Beaconを活用したポイントプログラムをキリンへ提供開始

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムDAC)は、キリンビバレッジバリューベンダー(キリン)が提供する新たな自動販売機サービス「Tappiness(タピネス)」の開発を支援し、同サービスが4月13日より提供開始になったことを発表しました。

「Tappiness」はLINEと⾃動販売機がビーコン経由でつながり、ユーザーが自動販売機で購⼊するごとにドリンクポイントが付与されるサービスで、DACのLINE ビジネスコネクト対応ソリューション「DialogOne」が用いられています。ユーザーはドリンクポイントを一定数ためるたびに、飲料と無料で引き換えられる特典チケットを入手することが出来ます。

キリンの狙いは、「DialogOne」を活用することにより、ユーザーの購買履歴を可視化し、蓄積された購買データの商品開発への活用や、LINE上でユーザーごとの購買履歴に応じたキャンペーンや特典の案内をすることにあります。一方DAC側は「DialogOne」のさらなる拡充を目指しており、今後も生活者ニーズの可視化をはじめとしたデジタルマーケティングソリューションの開発と提供を通じて、企業のCRMを支援していきたいとしています。


(参考)
DACの「DialogOne」、LINE Beaconを活用したポイントプログラムをキリンへ提供開始
https://www.dac.co.jp/index.php/press/2017/20170413_done