ネット広告の世界

ネット広告に関係ありそうなテーマなら何でも

(第24回)ジャストシステム、モバイルとSNSに関する月次調査結果を発表

ジャストシステムは『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年2月度)』の結果を発表しました。同調査は15〜69歳の男女1100名を対象に調査を実施。主に各年代のニュース情報源、広告接触、それらがどのデバイスやメディアを通してなされているかの傾向が読み取れます。

「ニュースの収集は新聞よりもスマートフォン」「10代のスマートフォン利用者のうち、7割はSNS上の投稿やニュースから情報収集」といった、感覚的に違和感がないと思われる結果が並びますが、やはり実際に数字で見ると説得力を伴う気がします。主な調査結果のサマリは以下の通りです。

全年代が「ニュースの収集は新聞よりも、スマートフォン
スマートフォン利用者に、ニュースなどの情報収集目的で1日に最も接触する頻度が高いメディアを聞いたところ、「スマートフォンからのインターネットやアプリ」が最も多く(44.9%)、次いで「パソコンからのインターネット」(24.9%)、「テレビ」(24.4%)。新聞や雑誌、ラジオは全年代で10%を下回る。

10代のスマートフォン利用者のうち、7割は「SNS上の投稿やニュース」から情報収集
スマートフォンでニュースなどの情報収集をする際に最も利用するのは「インターネット」(74.8%)、次に「ニュースアプリ(新聞社やテレビ局以外)」(49.1%)、「SNSの投稿やニュースコンテンツ」(48.5%)でした。年代別で見ると、20代以上は「インターネット」が最も利用するメディアだったにもかかわらず、10代だけは「SNSの投稿やニュースコンテンツ」(69.2%)を挙げる人が最も多く、「インターネット」(67.3%)をわずかに上回る(複数回答あり)

スマートフォン利用者の広告接触率は、1位「テレビ」、2位「スマートフォン」、3位「パソコン」
スマートフォン利用者に、普段、広告を目にするメディアを聞いたところ、「テレビ」が最も多く(73.9%)、次いで「スマートフォンからのインターネットやアプリ」(67.7%)、「パソコンからのインターネット」(58.3%)(複数回答あり)


(参考)
ジャストシステム、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年2月度)」結果を発表
http://www.nikkei.com/article/DGXLRSP438813_Y7A300C1000000/
「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」
https://marketing-rc.com/report/