読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネット広告の世界

ネット広告に関係ありそうなテーマなら何でも

(第20回)Facebookがメディア企業に明かした動画戦略

Facebookは2月17日、自社オフィスに多数のメディア企業幹部(ABC、NBC、New York Times、The Washington Post、BuzzFeed、Refinery29、Vice等)を招き、2017年に計画中のコンテンツと製品のロードマップを説明しました。このイベントは動画広告の収益源構築のために、メディア企業とさらなる連携を図ろうとするFacebookの取組みの一環とされています。

記事によると今回のメインテーマは動画だったようです。Facebookプラットフォーム上でユーザーが過ごす時間を長くするために、オリジナル長編動画作成、動画タブの配置、またライブ動画へのミッドロール広告挿入などが話題に上がりました。Facebookにとって2016年がライブ動画が最優先課題の一年だったとすれば、2017年はロングフォーム動画がそれにかわるメインプロジェクトと見られています。

方向性としては、ショートフォームの動画をいままでどおりニュースフィード上で配信しながら、ロングフォーム動画を動画タブやTVアプリで視聴してもらえるようにするという構想をFacebook幹部は描いているようです。すべてはFacebook上でユーザーの滞在時間を長くするために、そして将来的にYouTubeと競争できる存在にするための施策です。

また現在はケイシー・ネイスタット(Casey Neistat)のようなSNSのスターにしか認めていないライブ動画へのミッドロール広告の挿入を、一般のパブリッシャーにも対象を拡大する計画を発表しています。ただし広告を挿入できるのは、Facebook上でフォロワーが2000人以上いるパブリッシャーやソーシャルスター、および同時視聴者数が300以上のライブ動画に限定されます。それでも、ゆくゆくは「Facebook Live API」を使って、ライブ動画を制作するパブリッシャーにもツールを開放すると見られています。

(参考)Facebookがメディア企業に明かした「動画戦略」の中身
http://digiday.jp/publishers/facebook-pitches-video-monetization-product-roadmap-publishers/